CzeekS

相互作用マシンラーニング法(CGBVS)によるスクリーニングプログラム

京都大学で技術開発されたCGBVS法(Chemical Genomics-Based Virtual Screening)は、タンパク質(Biological space)と化合物(Chemical space)との相互作用情報(ケミカルゲノミクス情報)から抽出された大規模な結合パターンを機械学習することにより、新規の活性化合物を予測する手法です。CzeekSシステムでは、機械学習による予測モデル構築、医薬品候補化合物の高速かつ高精度なインシリコスクリーニング、ターゲットプロファイリング、de novoデザインでのスコアリングなどを行うことが出来ます。

 

CzeekS・メイン画面

開発元: 株式会社インテージヘルスケア

 

機能

 

相互作用マシンラーニング法(CGBVS)によるスクリーニング計算

独自計算手法CGBVSをコマンドラインで実行するためのシステムを提供。 高い予測精度で高速なインシリコ化合物スクリーニングを実現

 

マルチターゲット予測による化合物スクリーニング

複数の標的タンパク質に対するスコアリングにより、化合物の選択性を考慮したスクリーニングが可能

 

化合物のターゲット探索

化合物毎に予測モデルに含まれる全タンパク質のスコア計算を実行でき、標的タンパク質の探索に応用可能

 

様々な予測モデル

標準モデル(GPCR、Kinase、Ion channel、Transporter、Nuclear receptor、Protease)に加え、サブファミリーにフォーカスした予測モデルをラインナップ

 

独自データを用いた予測モデルの作成

自社内の独自アッセイデータを追加して予測モデルをリファインすることが可能。 データ追加により学習モデルの予測精度の向上が可能

 

マルチコア対応(OpenMP並列化)

マルチコアCPUを搭載した計算機を利用することで、より高速なCGBVS計算が可能

 

CzeekSユーザ様向けDRAGON特別ライセンス

スクリーニングや予測モデルの作成において、独自の化合物データを利用するにあたり、分子記述子計算プログラムが別途必要になります。 当社では、取り扱い製品の一つであるDRAGONの使用を推奨しており(※)CzeekSユーザ様向けにDRAGONの特別ライセンスをご用意しております。 詳しくは、お問い合わせください。
(※)CzeekSパッケージには、DRAGON用の各種スクリプトファイルが収録されており、DRAGONの設定・使用方法についても、CzeekSマニュアル内で解説されています。 なお、このDRAGON 特別ライセンスは、機能制限などはなく、通常のDRAGONとしてもご使用いただけます。
DRAGONは、開発元方針により、2019年6月末をもちまして新規ライセンスの販売を終了いたしました。

 

動作環境

 

CzeekS システム要件

CPU: マルチコアCPU (Intel、AMD)

メモリ: 16 GB

ディスク: 100GB以上の空き容量

OS: Linux(CentOS、Fedra Core)

ライブラリ等: Openbabel 2.3.1

 

分子記述子計算プログラム DRAGON

スクリーニングや予測モデルの作成において、独自の化合物データを利用するにあたり、分子記述子計算プログラムが別途必要になります。 当社では、取り扱い製品の一つであるDRAGONの使用を推奨しており、CzeekSユーザ様向けにDRAGONの特別ライセンスをご用意しております。 DRAGONは、開発元方針により、2019年6月末をもちまして新規ライセンスの販売を終了いたしました。

 

価格情報

※お問い合わせください。

公開日:2020/02/12
最終更新日:2020/06/22