計算科学のタネ

計算科学のタネ

シリーズ「計算科学のタネ」は、当社取扱い製品・サービスのユーザーの皆さんにインタビューを行い、それらの活用事例をご紹介する企画です。研究・開発の最前線で、計算科学がどのように利活用されているかご参考になさってください(※画像クリックでPDF形式ファイルをダウンロードできます)。

 

計算科学のタネ Report No.2

Report No.2 分子記述子計算ツール「alvaDesc」活用事例

ー材料探索で計算と実験を協働・連携ー

多数の記述子を用いて物性との相関を解析/コニカミノルタ様

 

計算科学のタネ Report No. 1

Report No.1 分子モデリング&シミュレーション「YASARA」活用事例

ーロボット創薬で医薬品探索の自動化目指すー

機械学習を組み合わせて候補化合物を創出/産業技術総合研究所様

 

 

 

 

公開日:2021/11/26